ヘルスケア科学部会

日本ヘルスケア学会は、独立的な活動として運営し、国民や地域のヘルスケアの推進および健康寿命延伸に寄与する活動とそれを支える産業や業界の育成に寄与する研究を行います。

 

また、その研究内容によっては、日本ヘルスケア協会および産業協議会とも連携し、社会や行政、業界に対して問題提起や提言を行います。

日本ヘルスケア学会を構成するヘルスケア科学部会は、生活や産業のあらゆる分野における予防、介護、自己治療、自己健康管理を主たる領域とし、職能連携や施設連携、および医療制度に及ぶヘルスケア分野の研究を行います。研究対象はヘルスケア推進実現のための実施内容の研究と新しいシステムや連携および業務に関する研究を主とします。

 ・「食と健康」に関する研究~食品の分類と使い方に関する研究~
 ・ヘルスケアの職能に関する研究
 ・ペットとの共生によるヘルスケア研究(準備中)
 ・スイッチOTCに関する研究

日本ヘルスケア学会について

ヘルスケア産業部会

日本ヘルスケア学会を構成するヘルスケア産業部会は、あらゆる分野のヘルスケア産業の育成、大学等の教育機関連携、および振興に寄与する研究を行います。研究対象は、ヘルスケア科学部会とも連携し、ヘルスケア推進の実現のための新しい制度や社会システムのあり方、業界が対応すべきこと等について研究します。

 

また、国のヘルスケア政策および施策における問題や課題についても研究し、必要に応じて提言や建議を行います。

 ・産業史に見るヘルスケア研究
 ・スイッチOTCの社会貢献に関する研究
 ・ドラッグチェーン研究会
 ・ヘルスケアにおける消費者利益と有効競争の研究

​それぞれの部会の活動詳細は日本ヘルスケア協会のページをご覧下さい

© 2017 by Japan Health care Academy created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now